--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-03(Fri)

送別会。

元職場で、今も個人事業主としてお世話になっている職場の人の送別会に出席してきた。
微熱はあって「走ってきたの?」と聞かれてしまうような不自然な汗をかく状況ではあったけど、
不義理しまくりで最後位は礼を尽くしたかったので、無事参加できたことはよかった。


半分近くの人とはまともに話したことはなく、三人に一人は名前も分からなかった。


私目線で見れば関わりの深い職場だけど、行くのは多くても週に一回。少なければ月に一度行くかどうか。
丸一日オフィスにいると翌日以降の寝込み方がひどくなるので、行っても、打ち合わせを済ませたらさっさと帰る生活なので無理もない。

お互い知らない同士ならともかく、職場の人達からは「たまに来るよくわからない人」として認識はして頂いており名前も把握されているようだったので、尚更気まずい。
相手の職種も分からなかったので、聞かれたことにひたすら答えて誤魔化した。自分語りばかりする人だと思われただろうな。

私は元々人嫌いではないから、フルタイムだった頃には同じ職場で一年も働けば、食事もご一緒し個人的な飲み会なんかもして、その一部の気の合う人達とは「飲み友」「仲間」のような関係になって、異動で職場が変わってもたまに集まる。そんな関係を普通に築けていた。

その職場に関わり始めて、もう6年になる。
この職場でも、常勤の人達は食事を共にし、飲み会を開いてそれなりの人間関係を築いているようだが、
私は6年経った今でも「よくわからない客人」扱いで、その職場の群れには、混ざれない。

ちなみに私がその職場を去った時には、送別会なんてなかった。非常勤には公式な送別会は開かれないので、誰も非公式の飲み会も開いてくれない場合は、オフィス内で今日が最後ですと個人的に挨拶して回って、静かに去っていくことになる。

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

プロフィール

カカシ

Author:カカシ
ウツだって仕事したい。
ウツだって恋愛したい。
ウツだって、生きてる。


女、20代中盤でウツを発病。難治性うつ病10年目。
ウツと喧嘩し、時には飲み下し、絶望を繰り返しながら
それでも笑って生きていきます。
必死に、笑って・・・生きています。

ウツになると、身体が動かなくなる。
身体がとてつもなく重く固く感じられて、動かない。
ギシギシきしむ音が聞こえてきそう。

時間の流れとともに私も歩みたいのに
皆とともに歩みたいのに
すぐ動かなくなるこの身体。

私は身体を横たえて天井を見上げ、微動だにせずただ見つめる。時の流れを。
田んぼにぽつんと取り残された かかしのように。

こんな奴です。

プロフィール補足

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
オコヅカイ。
本などをお買いになる時は、 こちらからお買い上げ頂くと本好きなカカシに、本代のお小遣いがチョットだけ積み立てられます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。